スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
どうなんでしょうか?
さて、初日に触れた父・良郎氏のキャディについてだが、横峯に聞くと「問題ないです」と答えた。しかし、実際はどうだったのだろうか。予選を通過した上田桃子、佐伯三貴はコーチにバッグを担いでもらい、練習ラウンドを一緒に2回、3回とこなしてコース攻略法を練ってきた。そして、この日4ストローク伸ばし、通算3アンダー暫定4位タイに浮上した不動裕理は、コースを熟知する地元のキャディに全幅の信頼を置き、その指示通りに狙った成果が出た。聖地セントアンドリュース攻略は、一夜漬けでは通用しないのではないだろうか。

今回は、さくらちゃんの判断にがっかりです。

有馬君と入念にチェツクをすませ、
今回望んだ筈。


キャディーさんは、そんなもんなんでしょうか
有名プロは、キャディーさんを大事にする。t
と聞きます。
予選落ちとかよりも、なんか切ない気持ち。

有馬君はどうゆう気持ちかなぁ
私ならあまりいい気持ちしません。
これがプロのキャディーさんだったら
どうでしょう。

さくらちゃんのお父さんや家族に対しての
優しさが、結局、すべてに優しいかというと
そうではない。

今回この記事を見るかもしれないさくらちゃん
予選落ちは仕方ないよ。プレーも。
でも私にとっては今回は
うなずけないものがあったことは確かです。

この記事に対して、批判があるかもしれません
が甘んじて受けましょう。

スポンサーサイト
2007/08/04(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。